リッツ宿泊  料金と獲得ポイントの不思議

10月になって、Go To トラベルで「リッツカールトン東京」に泊まってきました。

Marriott Bonvoy で ステイケーションプラン 62000円/室(税サ抜) 朝食2人分、ホテルクレジット1万円含む   を申し込んで、

3人での宿泊にしたので、

追加人数料金を含んで  合計104532円

こちらの料金で、STAYNAVIに申請をしたが
ホテルからTELで
料金が違うらしい。
よくわからないが、1万円位安くなるらしい
STAYNAVIの変更もホテルがやってくれるらしい。

んで。。

結果、
¥95,700   (ちなみに電話で聞いた料金とも違う)

ってことは

室料      55,000
追加ベット   20,000
サービス16%  12,000
消費税10%     8,700
合計     95,700円   

かな?

と計算してみたが、

 

領収書は

室料      62,000
追加ベット   10,000
サービス16%  11,520
消費税10%     8,352
合計     91,872円

 

しかし、、、

GO TOの割引額は95,700円にて計算され

割引額(35%)33,495円

地域クーポン(15%)14,000円

なんともよくわからない料金計算

 

 

 

さらに獲得ポイントは

税サ抜き ってことは

¥72000+朝食¥3,000=75000(およそ710$)

1$につき10P
プラチナ50%加算

とすると10650
さらに レストラン利用もあるはずだが、

加算されたポイントは

6293Pベース+3147エリート=9440P

少なすぎるポイント
??????

 

いままで宿泊後には、あまり気にしたことがなかった

金額やポイント数(宿泊前にはかなり気にするのだが、終わった後は確認しない)が、

GO TO トラベルのおかげでちょっと計算してみて
色々気付いた不思議。。

ちなみに
この計算式を理解するまでにもかなり時間がかかってしまった。
マリオットのHPがわかりずらい

 

ポイントの件は、問い合わせしてみることにします。

 

「リッツカールトン日光」宿泊時のポイントは完全に漏れておりました。

問合せしてすぐに加算されましたが

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました